vimet(ビメット)

小室哲哉、引退を表明 2

音楽プロデューサーの小室哲哉が、「週刊文春」で報じられた看護師女性との不倫疑惑について会見し、「僕なりの騒動のけじめとして、引退を決意した」と表明した。看護師女性との交際は否定したが、看護師女性に対し「甘えてしまった」と正直な心境を吐露。その理由として、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKOと大人同士のコミュニケーションを取ることが難しくなっているほか、小室自身も闘病中のC型肝炎に加えて突発性難聴などを患い、体調不安を抱えている上に、楽曲の制作能力の枯渇に対する不安が増していることを説明した。小室は「KEIKOや家族、スタッフ、ファンの皆さん、相手の女性にご迷惑をお掛けして大変申し訳ない。音楽活動をやめることは僕にとっての罰」と謝罪した。

出席者:小室哲哉

2018年1月19日;東京・青山
11分18秒

【時事通信社】


まだまだあるよ!話題の動画